11月7日(日)シンクロ判定回顧

結果回顧

11月7日(日)人馬シンクロ判定の結果です。

本日は判定対象レースが33レース。
その内判定該当騎手の勝利数が16レース、連対数が28回という結果でした。

勝利数、連対数ともに
良い数字といえる結果ではないでしょうか。

各開催場で万遍なく勝利が出ていたのと、
S判定の勝率、連対率の数字が
それぞれ50%を越えていたのが
大きかったですね。

的中報告も多かったです。

また重賞レースでは、
東京メインアルゼンチン共和国杯(G2)では、
S判定オーソリティ騎乗のルメール騎手、
阪神メインみやこS(G3)では、
A判定メイショウハリオ騎乗の浜中騎手が
それぞれ勝利を挙げました。

特にみやこS(G3)では、
浜中騎手と松山騎手の馬券内決着が出現し、
3連単36万馬券をアシストしました。

本日の主だったところでは、

・東京、阪神の両重賞レースにて判定騎手の勝利が出現
・東京のルメール騎手、福島の吉田隼人騎手が3勝を挙げる大活躍
・判定騎手同士の馬券内決着が10回出現
・藤岡康太騎手が5番人気を1着、浜中騎手が5番人気を1着など

細かい結果は下記の表をご覧ください。

競馬予報購読メンバーの申込はコチラ

下のバナーをクリックでブログランキング応援よろしくお願いします!

        ↓    ↓

競馬予報公式Twitterはじめました!!フォロー宜しくお願い致します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧